写真 撮影

【カメラ初心者】写真の印象を変える三つの光の当たり方とは【必須】

ぺるち

どうもこんにちは!!フリーカメラマンのぺるちです!!

光を意識しろって何・・・

なんか難しすぎるんだけど・・・

おちこみくん

そんなあなたのために今回は

写真で最も大切な光の使い方とは

について書いていきます!!

この記事を見れば簡単な光の扱い方を理解することができ、綺麗な写真を撮影することができます。

知識として光の扱い方を知っているだけでもかなり強いのでしっかりと学んでいきましょう!!

光の扱い方と効果

写真は、光の扱い方でイメージを大きく変えることができます。

光の角度、時間、影の作り方、被写体の位置で変化を作ることができます。

この光による変化の特徴を知ることができれば大きく成長することができるので順に見ていきましょう。

順光

順光は被写体の正面から光が当たっていることを言います。

順光は被写体に直接光があるので色や形を正確に撮影することができ、鮮やかに撮影することができます。

風景を綺麗に撮影する際に利用するととても良い写真を撮影することができます。

ただ、影が生まれにくいので平たい印象の写真になりやすいです。

順光

順光の作品

田舎とバイク
田舎

順光は風景の撮影利用することができます。

太陽を背に風景を撮影すると綺麗に撮影することができます。

時間をしっかりと決めて撮影すると雲に立体感が出て非常に良い写真を撮影することができます。

光を見極めて綺麗な風景を思い出に残しましょう!!

斜光

斜光は被写体の横から光が当たっていることを言います。

斜行は被写体に影を作ることができ、光と影を利用したメリハリのある写真を撮影することができます。

ポートレート撮影ではより良い表情を演出するために使ったり、肌の質感を演出するために利用します。

私はよくポートレートで斜光を使います。

斜光

斜光の作品

アーティスト写真
逆光少女
浴衣美女

斜光は横から光を当てることで立体感を出すことができます。

私は主にポートレート撮影に使っていて、写真に表情を作るためによく利用しています。

格好良さを際立たせることができる使い勝手のいい光です。

逆光

逆光は被写体の背後から当たっていることを言います。

印象的な写真を撮るためにシルエットを用いたり。ふんわりとした雰囲気を演出するために利用します。

難しいところもあるのですが良い写真を撮影しやすいので私は好きです。

逆光

逆光の作品

東京駅
田舎

逆光は光を枠内に入れることで撮影できます。

夜景での撮影は基本逆光になり、ボカすと凄く良い感じの写真になります。

被写体が暗くなるので難しいですが、撮れると楽しいです。

まとめ:光を見極めて綺麗に撮影しよう

今回は写真で最も大切な光の使い方とはについて書いてきました。

光について知るだけでとても綺麗な写真を撮影することができます。

最初はなかなか難しいかもしれませんが、徐々に無意識にこの光良い!!となっていくので頑張ってください!!

撮影技術を沢山勉強していくと構想を沢山思い浮かべることができるので頑張っていきましょう。

少しでも参考になると嬉しいです!!

インスタTwitterにて私の写真、ブログの更新情報など発信しているので、今回の記事を読んで良かったなと思う方はフォローしてみてください。

ぺるち

めっちゃ喜びます!!

-写真, 撮影
-, , , , , , , , ,